2013.10.20 Sunday

2話リメイク

0
    『ブルトンの金獅子』二話をリメイクしました。

    玉座とか宝剣授与のシーンとか、気になってたところはまるっと描き直しました。
    一話と二話は、3年ちかいブランクのせいもあって、
    下手だと言われていた戦歌やエンゼルシューターのころより更に劣化していたので、描き直せて満足です。

    百年戦争本を何冊か買いました。主に戦争期の税制や国政に関しての本です。
    今後はリッシュモンの行った国内改革を、アニエスの目を通して見ていく展開にしようと思っています。

    直帰率あらためて調べたら、更新してない日でも2割くらいになってました。
    開始からひと月以上経って、読者が固定されてきたのでしょう。
    リピーターと新規読者の割合も、6:4〜7:3くらいになってきました。
    読者の総数自体は、一時期開始時より落ち込んでいましたが、現在は開始時と同等です。
    開始時は直帰率が5割近かったので、実質的な読者はかなり増えています。

    こういうデータ見るのが単純に好きなのもあるけど、いいデータが出てるとやっぱり更新モチベになりますね。
    2013.10.19 Saturday

    直帰率について

    0
      僕が使っているgoogleのアクセス解析には、直帰率という項目があります。
      新都でクリックしたら飛ぶ作品トップから、作品を見ないでそのままブラウザバックする人が何割いるかという指標です。

      その『ブルトンの金獅子』の直帰率が、なんだかおかしいんですよねぇ。
      9/6に連載開始して、9/10 9/12 9/15の更新までは、直帰率が5−6割ありました。
      しかし9/18の更新で急に約1割まで落ち、そこから先はほぼ1パーセント以下。

      なんか常識的にありえんと思ってたら、スクリプトを二重に設置してたぜ!
      その間のデータ取れなかったのは残念ですが、(トップ絵設置とかしたし)
      明日からもっかいちゃんと設置して、当初とどれくらい差があるのか調べてみます。
      2013.10.17 Thursday

      リメイク中

      0
        前回更新、平日としてはアクセス最多でした。五割増しくらい。
        コメントも5割増しくらいあって、やっぱ同じ作品の中では米数と読者数比例するなーと
        はっきりした手ごたえあるとうれしい!

        ひきつづきブルトンの序盤をリメイクしています。
        空白を黒で塗りつぶして演出のように見せるごまかし技術を会得する。
        玉座は、前は写真見ながら普通に手書きしたけど、今回はトレス。

        あふたー


        びふぉー
        2013.10.16 Wednesday

        リメイク

        0
          ブルトンの金獅子、一話をリメイクしました。
          http://u-genkainada.com/lion/index.html


          切り絵みたいに、主線と影をぶっとく描く方式に変えてみたのですが、
          割と自分に合っているかもしれません。
          一回ラフに描いた線を何度もなぞって強弱つけるので、
          ・デッサンのゆがみに気づきやすい
          ・太い線で読者の脳内補正に頼れる
          みたいな効果があるんじゃないかと。

          参考にしたのはヒラコーの絵なんですが、
          素のデッサン力に自信がない人に向いている描き方なのかも。
          いや、ヒラコーがそうだって言ってるわけじゃないですが。
          2013.10.14 Monday

          描き直し

          0
            昨日今日と、連休ということもあったかもしれませんが、過去最高のアクセス数でした。
            前回の休日更新時の1.5倍くらい。ひじょーにうれしいです。

            とりあえず、自分でもひどいと思っていた金獅子1ページ目を描き直してみた
            多少はマシになった……はず


            あふたー



            びふぉー
            1
            2013.10.14 Monday

            更新しました

            0
              『ブルトンの金獅子』更新しました。
              先日言った通り、ちょっと画力向上を目指して描き方を変えています。
              今まで一定の太さの線で描いてたのを、
              ちょっと過剰なくらい強弱つけるようにしてみました。
              自分で言うのもなんですが、全然見え方が違うもんですね。

              もうちょっと自信ついたら、エンゼルシューター描こう。
              その前に、ブルトンを先頭からちょっと加筆していこうかな。
              線にてをいれるだけならそんなに時間かからないので。


              新しいトップ絵
              トップ画像



              制作中のページ
              制作中
              2013.10.13 Sunday

              ヒロイン登場回

              0
                『ブルトンの金獅子』更新しました。
                http://u-genkainada.com/lion/

                やっと女子が描けるぜ!
                使い捨てキャラではなく、この作品のヒロインです。
                僕の中ではヒロイン=ソバカスです。
                今後もソバカスがついてたらヒロインだと判断していただいて結構です。


                役職箱庭おもしれー
                なんか自分もああいう能力物描きたくなっちゃう。
                エンゼルシューター、作画別の人にやってもらおうかとも思ったけど、
                かなり長編になりそうだし、自分で描き直すかなあ…

                ただ、ああいうのやるにはちょっと画力の問題が……
                ってことで、今後は今更新してる作品も、
                ちょっと画力向上を意識して描いてみることにします。
                ほんとにちょっとだけかもしれんけどな!

                ちなみに今回の更新回は、いままでキャンバス等倍で描いてたのを、
                倍の解像度にしてペンも太くして、強弱はっきりさせる感じにしてみました。


                『役職箱庭』/デッドマンズ・ギャラクシー・デイズ
                 
                2013.10.11 Friday

                降りてきた

                0
                  よっしゃ!ええ夢みたわ!!
                  これでメディスン更新できるで!!





                  …おかげで目がさえてしまいました。
                  明日が死にそうです。
                  2013.10.09 Wednesday

                  アクセスと米

                  0
                    先日ちょっと触れた、金獅子とメディスンの読者と米の比率についてです。
                    メディスンを自サイト化して、訪問者数のデータとってみました。

                    結論
                    ・訪問者数はほぼ同じ
                    ・直帰率(見らずに帰る人)の率も大体同じ
                    ・つまり読者数はほぼ一緒で、メディスンの米率だけが二倍になっている

                    まあ、メディスンの方はもうちょっと長い期間見てみらんと分からんところもありますが、
                    少なくとも昨日の更新は、金獅子更新時の平均値くらいの訪問者数です。

                    なんちゅーか、米は水物ですねぇ。
                    とはいえ、作品の手ごたえと米数がほぼ比例するのも事実です。
                    米数は読者数ではなく、読者の盛り上がり具合の指標ってことでしょうね。

                    作品の傾向によってもこんだけ付き方が違うので、
                    同作品内、あるいは似た傾向の作品を比べるならともかく、
                    ぜんぜん違う傾向の作品を米数で比較することは
                    無意味と言えるんじゃなかろうか。

                    ともかく、シリアスな作品で米の伸びが悪くて悩んでる作者の人、
                    それで即自分の作品が他より劣っているとは考えないほうがいいかもです。

                    かく言う自分も、ブルトン描くモチベーション上がってきました。
                    なんだかんだで、今の訪問者数、戦歌の全盛期の半分以下ですから。
                    米率低くても、読者の母数が増えれば数は比例していくと思うので、
                    こつこつやっていきたいと思います。
                    2013.10.08 Tuesday

                    溶ける魚的な

                    0
                      メディスン更新しました。
                      前回、今回は夢ネタじゃないです。
                      次の回のネタはもう決めてあるんですが、
                      次々回は十回記念で自分でもわからんシュール回やっとくべきか……

                      ということで、無意識ネタ出し。
                      一分間のうちにでたらめな単語を並べて詩をつくる自動筆記の実験です。
                      もちろん打ったときは全部平仮名でした

                      一回目
                      ある日彼女から来た手紙を紐解く
                      一人の教会に行く男と共にさまよう
                      彼は言う、よい子にしていないと海が怖い
                      生き物は機械のように身体をよじらせた
                      自らの米をむさぼり喰らい
                      肘から出るガソリンの温度

                      二回目
                      ゆらゆらとたなびく光線のように
                      たまたまクラゲを見ていた家令が止める、火の手は回る
                      その顔をみて夕日が笑う、火の血は赤いのか黄色いのか
                      尋ねても勇敢な若者の血は赤く
                      銅のように赤い肌と勇敢な若者は青い目をして
                      純粋な水を飲みにどこかへ出かけていく


                      結論
                      ・潜在的に中二病らしい
                      ・ブランキーの歌詞っぽい
                      ・4コマへの応用は……どうだろう。


                      Calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM